ごあいさつ

震災を乗り越え 新たな一歩から

昭和63年の創立以来、三陸で採れた新鮮なわかめの美味しさを感じていただきたいという信念のもと、幅広い世代のお客様にわかめの真の価値が浸透してきたのではないかと思います。

この松栄の原動力となっているのは「五葉わか」という自然と環境に恵まれた三陸海岸の大船渡水域で採取された優れた商品と企業様へ日々提案し続ける商品ラインナップ、そして何よりお客様の「おいしい」「また食べたい」と喜んでいただける感謝のお言葉にほかなりません。

ご存じの通り東日本大震災では弊社のみならず東北地方は甚大な被害を受けました。同時にひとの心の温かさにも触れることが出来ました。いよいよ、大船渡の同じ地で我が社の工場が稼働となります。地域の皆さまのお力を借りつつ、基幹産業のさらなる復興に向け全力を注げることにわたくしは心から幸せを感じております。

代表取締役社長 岩﨑誠

株式会社松栄

代表取締役社長

岩﨑誠 Makoto Iwasaki
1944年、東京都葛飾区生まれ。拓殖大学を卒業後、㈱松坂屋100%出資の子会社・松栄食品㈱に入社(松坂屋の食品部門)。 入社13年目、本社社長付営業企画部長の時に200海里問題が発生し、将来を見据え養殖業の参入を考えた末「わかめ」の勉強を始める。昭和62年松栄食品㈱の社長が交代し親会社松坂屋から就任すると、わかめの養殖業からの撤退を指示され、それを機に独立を決意。翌年現㈱松栄を創業。平成21年日本わかめ協会4代目会長に就任、現在に至る。